自分でヘアケアする際のポイント

簡単に出来るヘアケア術

ヘアケアのポイント

そろそろ気持ち的にも身体的にもイヤな季節がやってきました。
そう、既に日本列島の半分以上が突入している梅雨時期です。
湿度の高いジメジメとしたあの感じ、気温が高くないにも関わらず暑さを感じさせる厄介な季節ですね。
それだけならまだ良いですが、くせ毛の人からすると一年を通して髪のセッティングが一番大変な季節でもあります。
せっかく朝一で髪を整えても湿気によって早ければ午前中のうちに元通りなんてことはしょっちゅうです。
この時期は室内で過ごしていても関係ありません。
湿気の脅威は室内外問わずにある為、建物の中にいるからといって安全が保障されることらないのです。

手に負えないので諦めてしまうことも一つの手ではあります。
最低限のセットにとどめて後はもう知らんぷり。
くせ毛で悩んできた方であれば誰もが経験していることでしょう。
しかし周囲の視線が気になる方や、職業柄見た目に気をつけなければいけない方も中にはいると思います。
そういった方たちは形が崩れる度に都度セッティングをし直さなければなりません。
ワックスやヘアアイロンなど、セッティング方法は一つではありませんがどれにも共通することは髪へのダメージ。
梅雨時期だけとはいえ、一日に何回も、それを毎日繰り返していては髪に与えるダメージの量は計り知れません。
見た目を気にし過ぎた結果、髪に与えたダメージによってかえって見た目が悪くなってしまったとなれば本末転倒です。
そうなってしまう前に日々のヘアケアはしっかりと行うようにしましょう。
美容院などを利用するのが確実ではありますが、毎日通う時間も無ければそんなお金にも余裕はないと思いますので、ここでは自分で出来るヘアケアについてご紹介していきます。

おすすめリンク

通販で購入できるかつらの種類

ネット社会だから、かつらだって通販で購入できます。ここでは、気になる費用や種類を紹介しています。

つわりの軽減にベルタ葉酸

妊娠中のつわりによるストレスをベルタ葉酸で改善?実際の服用しているママに直撃してみました

たるみやシワが気になりだしたらフェイスリフト

フェイスリフトはあなたの顔を若々しくします!どんな施術がされるのか不安な人の為に詳しく説明致します

効果の高いAGA治療を受けたいなら

AGA治療の効果が感じられなかった方もご相談ください。様々なアプローチで満足できる効果を引き出す!

ある意味では傷めやすい季節

自分でヘアケアをするといっても、実際に美容院に行ってヘアケアをしてもらった後の再現をすることは困難です。 どんなに頑張っても違和感しか残らないという経験は自分で挑戦してみた人であれば誰にでもあるはず。 ではどのような点に気を遣えば良いのでしょうか。

ちょっとサボりたい時には

ヘアケアをする上でシャンプーは基本的には欠かせませんが、洗いすぎも良くありません。 しかし汗を多くかく夏場には何度も洗いたくなりますし、逆に体調不良時には髪を洗う体力もなく一日ぐらいならいいかとなることもあります。 そんな時はどうしたら良いのでしょうか。

ダメージを与える原因を減らす

ヘアケアをすることも大事ですが、なるべく頭皮や髪にダメージを与えないようにする生活を送ることも同じくらい大切です。 そもそも頭皮や髪に与えるダメージが少なければ少ないほどヘアケアに費やす時間も減りますので、まずは予防から始めるようにしましょう。